福岡

出雲退社福岡分院 福岡のYouTuber 宇佐美ダイ

投稿日:

Pocket

スポンサーリンク

出雲退社福岡分院 福岡のYouTuber 宇佐美ダイ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

cof

sdr

 

 

 


 

出雲大社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出雲大社(いずもおおやしろ、正仮名遣いでは「いづもおほやしろ」/ いずもたいしゃ)は、島根県出雲市大社町杵築東にある神社祭神大国主大神[1]式内社名神大)、出雲国一宮で、旧社格は官幣大社。現在は神社本庁包括に属する別表神社宗教法人出雲大社教の宗祠。

 

 



概要

二拝四拍手一拝の作法で拝礼する[5]明治維新に伴う近代社格制度下において唯一「大社」を名乗る神社であった。創建以来、天照大神の子の天穂日命を祖とする出雲国造家が祭祀を担ってきた。現在の宮司は84代国造千家尊祐で、國學院大學を卒業後に太宰府天満宮を経て出雲大社禰宜→権宮司と昇格すると、2002年平成14年)宮司に就任。翌年、神社本庁より神職身分特級を拝受している。また、宮司の正服の紋様は神社本庁の定める黒綾文輪なし裏同色平絹ではなく、黒綾にご神紋である二重亀甲剣花角の文様を練り込んだものであり他に類を見ない。現在も、皇室の者といえども本殿内までは入れないしきたりを守り続けている。約60年に一度行われている本殿の建て替えに際して、神体が仮殿に遷御された後に、本殿の内部及び大屋根が公開されることがある。

歴史

 

出雲大社の創建については、日本神話などにその伝承が語られている。以下はその主なものである。

  • 大国主神は国譲りに応じる条件として「我が住処を、皇孫の住処の様に太く深い柱で、千木が空高くまで届く立派な宮を造っていただければ、そこに隠れておりましょう」と述べ、これに従って出雲の「多芸志(たぎし)の浜」に「天之御舎(あめのみあらか)」を造った。(『古事記』)
  • 高皇産霊尊は国譲りに応じた大己貴命に、「汝の住処となる「天日隅宮(あめのひすみのみや)」を、千尋もある縄を使い、柱を高く太く、板を厚く広くして造り、天穂日命に祀らせよう」と述べた。(『日本書紀』)
  • 所造天下大神(=大国主神)の宮を奉る為、皇神らが集って宮を築いた。(『出雲国風土記』出雲郡杵築郷)
  • 神魂命が「天日栖宮(あめのひすみのみや)」を高天原の宮の尺度をもって、所造天下大神の宮として造れ」と述べた。(『出雲国風土記楯縫郡
  • 崇神天皇60年7月、天皇が「武日照命(『日本書紀』による。『古事記』では建比良鳥命天穂日命の子)とされる)が天から持って来た神宝が出雲大社に納められているから、それを見たい」と言って献上を命じ、武諸隅(タケモロスミ)を遣わしたところ、飯入根(いいいりね)が、当時の当主で兄の出雲振根に無断で出雲の神宝を献上。出雲振根は飯入根を謀殺するが、朝廷に誅殺されている。(『日本書紀』)
  • 垂仁天皇皇子本牟智和気(ほむちわけ)は生まれながらにであった。占いによってそれは出雲の大神の祟りであることが分かり、曙立王と菟上王を連れて出雲に遣わして大神を拝ませると、本牟智和気はしゃべれるようになった。奏上をうけた天皇は大変喜び、菟上王を再び出雲に遣わして、「神宮」を造らせた。(『古事記』)
  • 659年斉明天皇5年)、出雲国造に命じて「神之宮」を修造させた。(『日本書紀』)[注 6]

以上のように、伝承の内容や大社の呼び名は様々である。共通して言えることは、天津神(または天皇)の命によって、国津神である大国主神の宮が建てられたということであり、その創建が単なる在地の信仰によるものではなく、古代における国家的な事業として行われたものであることがうかがえる。

また、出雲大社の社伝においては、垂仁天皇の時が第1回、斉明天皇の時が第2回の造営とされている。

 

Izumo-taisha (出雲大社Izumo Grand Shrine), officially Izumo Ōyashiro, is one of the most ancient and important Shinto shrines in Japan. No record gives the date of establishment. Located in IzumoShimane Prefecture, it is home to two major festivals. It is dedicated to the god Ōkuninushi (大国主大神, Ōkuninushi-no-ōkami), famous as the Shinto deity of marriage and to Kotoamatsukami, distinguishing heavenly kami. The shrine is believed by many to be the oldest Shinto shrine in Japan, even predating the Ise Grand Shrine.

A style of architecture, taisha-zukuri, takes its name from the main hall of Izumo-taisha. That hall, and the attached buildings, were designated National Treasures of Japan in 1952. According to tradition, the hall was previously much taller than at present. The discovery in the year 2000 of the remains of enormous pillars has lent credence to this.

Several other buildings in the shrine compound are on the list of Important Cultural Properties of Japan.

 

During the Kamakura period, around 1200, the main structure was reduced in size. Then in 1744, the shrine was reconstructed to the present size of 24 meters high and 11 meters square at its base.

In the 18th and 19th centuries, as travel became more common in Japan, the shrine became a central place of pilgrimage.

Since the shrine spirit was settled in the inner shrine in 1744, it has been relocated three times for renovation of the inner shrine, using a traditional ceremony. The relocations took place in 1809, 1881, and 1953.

From 1871 through 1946, the Izumo-taisha was officially designated one of the Kanpei-taisha (官幣大社), meaning that it stood in the first rank of government supported shrines.[1]

In April 2008, the spirit was moved to temporary housing in the front shrine of Izumo-taisha in preparation for the Heisei-period renovations. Izumo-taisha's inner shrine was opened to the public for the first time in 60 years in the summer of 2008. On completion of the renovations, Ōkuninushi was returned to the inner shrine in a ceremony attended by over 8,000 people, held on May 11, 2013.[2]

 

 

 

写真素材のピクスタ

スポンサーリンク

1+

アドセンス


アドセンス


ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 糸島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ネットブログ YouTubeへ
にほんブログ村

にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村

 

 

 

-福岡

Copyright© YouTuberになろう! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.