福岡 食レポ

大宰府天満宮 お石茶屋の抹茶と梅ケ枝餅

投稿日:

Pocket

スポンサーリンク

大宰府天満宮 お石茶屋の抹茶と梅ケ枝餅

 

 

sdr

 

dav

 

dav

 

dav

 

抹茶

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

抹茶(まっちゃ)は、緑茶の一種である。碾茶粉末にしたもの、またそれにを加え撹拌した飲料である。茶道で飲用として用いられるほか、和菓子洋菓子料理の素材として広く用いられる。

抹茶の定義

日本茶業中央会の定める抹茶の定義は「覆い下で栽培された生葉を揉まないで乾燥した碾茶を茶臼で挽いて微粉状に製造したもの」となっている。そして、「『茶臼で挽いて』という表現は粉砕の代表例を示したもので、他の方法で微粉末にしても「抹茶」と言える」としており、粉砕機で挽いたものも抹茶と認めている。この定義に当てはまるものが食品表示で「抹茶」とされているものだが、粉末茶の中には定義に関係なく「加工用抹茶」「工業用抹茶」「食品用抹茶」という名称で流通しているものがある。碾茶の生産量と抹茶の流通量を比較すると、世間で流通している抹茶の3分の2は本来の意味の抹茶ではないと見られている[1]

 

粉末としての抹茶

チャノキの葉(茶の葉)を蒸してから乾燥させた碾茶を茶臼でひいたものである。江戸時代までは挽きたてのものを飲用していた[2]。現代でも茶道では前日などに茶臼でひいたものを供する。家庭用にはすでに粉末化されプラスチックフィルム袋に密閉されたもの、もしくは金属製の筒にいれられたものが流通している。変質を避けるため開封後は密閉容器に入れ冷暗所に保存する。

種類は、高級品や一般向け製品の違いを別にすると単一であるが、味はその年の茶畑や茶葉の仕上がりによって異なるため、従来のものと味わいを統一するために茶舖において様々な畑の茶葉を組み合わせて配合する(これを合組(ごうぐみ)という)。濃茶用、薄茶用(いずれも後述)のもととなる茶葉の配合は茶舖により異なり、合組される際には茶畑毎に分かれている。甘みがより強く、渋み・苦味のより少ないものが良いとされ、高価である。一般に高級なものは濃茶に用いられるが、もちろん薄茶に用いてもよい。

爽やかな苦味は砂糖の甘味と良く馴染み風味が際立つため、菓子風味付けにも好まれる。和菓子はもちろん、洋菓子にも用いられ、抹茶味のアイスクリームは日本では定番風味の一つともなっている。日本アイスクリーム協会の調査では1999年平成11年)から2009年(平成21年)まで、バニラチョコレートに次いで第3位の地位を占めている[3]

 

飲料としての抹茶

黒味を帯びた濃緑色の濃茶(こいちゃ)と鮮やかな青緑色の薄茶(うすちゃ)がある。茶道では、濃茶は茶杓に山3杯を1人分として、たっぷりの抹茶に少量の湯を注ぎ、茶筅で練ったものを供する。薄茶は茶杓1杯半を1人分として、柄杓半杯の湯を入れ茶筅で撹拌する。茶道では茶を「点(た)てる」(点茶=てんちゃ)というが、濃茶は特に「練る」という。現在の茶道では、濃茶を「主」、薄茶を「副(そえ)」「略式」と捉えている。 茶筅で撹拌する際に、流派によって点てかたが異なる。三千家ではそれぞれ、たっぷりと泡を立てるのが裏千家、うっすらと泡立てるのが表千家、もっとも泡が少ないのが武者小路千家といわれる。

現在では一般的な飲料としては煎茶緑茶飲料を含む)の方が需要が多いものの、地域によっては農作業の間の休憩などに抹茶を飲用する習慣が残されている。

 

Matcha (抹茶, Japanese pronunciation pronounced [mat.tɕa], English /ˈmæə/[1][i]) is finely ground powder of specially grown and processed green tea leaves. It is special in two aspects of farming and processing: the green tea plants for matcha are shade-grown for about three weeks before harvest and the stems and veins are removed in processing. During shaded growth, the plant Camellia sinensis produces more theanine and caffeine. The powdered form of matcha is consumed differently from tea leaves or tea bags, and is suspended in a liquid, typically water or milk.

The traditional Japanese tea ceremony centers on the preparation, serving, and drinking of matcha as hot tea and embodies a meditative spiritual style. In modern times, matcha has also come to be used to flavor and dye foods such as mochi and soba noodles, green tea ice cream, matcha lattes, and a variety of Japanese wagashi confectionery. Matcha used in ceremonies is referred to as ceremonial-grade matcha, meaning that the matcha powder is of a high enough quality to be used in the tea ceremony. Lower quality matcha is referred to as culinary-grade matcha, but there is no standard industry definition or requirements for either.

Blends of matcha are given poetic names known as chamei ("tea names") either by the producing plantation, shop, or creator of the blend, or by the grand master of a particular tea tradition. When a blend is named by the grand master of a tea ceremony lineage, it becomes known as the master's konomi.

 

dav

 

 

 

スポンサーリンク

1+

アドセンス


アドセンス


ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 糸島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ネットブログ YouTubeへ
にほんブログ村

にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村

 

 

 

-福岡, 食レポ

Copyright© YouTuberになろう! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.