Today's Levitation 浮遊

Today's Levitation 浮遊 ギャオスに襲われた!

投稿日:

Pocket

スポンサーリンク

Today's Levitation 浮遊 ギャオスに襲われた!

 

バイクを売るならバイク王

ギャオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

直立歩行が可能で、前足が翼となっている。翼はコウモリのように数本の指骨に支えられ、その間を皮膜がつないだ構造に見えるが、コウモリの場合は親指1本が遊離している位置に、ギャオスの場合は自由に動かせる指が3本ほど存在する。頭部は上面から見ると歪んだ六角形になっており、鼻先や後頭部両側後方が尖っている。そのため、真上から見るとほぼ初心者マークと同じ形になる。尾はあまり長くないが、先端が魚類の尾鰭に近い扇状になって縦向きに付いている。

ガメラシリーズでガメラ以外では唯一、昭和と平成の時代をまたがって映画作品に登場している怪獣であり、その他の媒体(漫画やゲームなど)でも、ガメラの敵役怪獣の中で出演回数が最多におよぶことで有名である。

大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』に登場する個体は、体組織が紫外線によって劣化して細胞が収縮するために太陽光線を嫌う夜行性であるが、再生能力に長けており、身体の一部を失っても短時間で再生できる。口からは何でも切断する300万サイクルの衝撃波「超音波メス」を発射するが、これは音叉の役割をする二股の頸椎で発振するため、首は正面で固定された構造となっており、普通の動物のように振り向くことすらできない[1]。あらゆる動物を食する肉食性であり、特に人間の血と肉を好む[1]。『ガメラ対大悪獣ギロン』では宇宙ギャオスという地球では無い星に住む種類が登場している[2]

ガメラ 大怪獣空中決戦』に登場する個体は、劇中の描写から人間だけでなくブタやイヌなども食することが示唆されているほか、共食いすら行う。昭和のギャオスでは、首が固定され動かせなかったが、こちらのギャオスは何ら問題なく動かせる(超音波メスも、普通に発射可能)。卵生であり、きわめて成長が早く、作中では当初幼体時で翼長が約15メートルだったのが、数日経過して約50メートル、更に最終的に成体になった際は100メートルにまで達している。また、当初は太陽光線を嫌っているが成長に伴って進化し、成体の目には遮光板が形成される。

上記の個体のほか、イリスギャオス(海棲性)という亜種が存在する。

鳴き声は、『メガロマン』のパラボランやウルトラ怪獣の声にたびたび流用された。

 

 

初登場した作品は、シリーズ第3作『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』である。

尾は短く、ジェット戦闘機の垂直尾翼に似ている。首は太く短く、この部分で背骨が二又しているため、頭部は目と顎以外がほぼ完全に固定された状態となっている(その首の骨が超音波メスの発振源である)[1]。頭部からは光のシグナルを発するうえ、空腹時は頭部の後ろが緑に、体調が危機に陥ると頭頂部が赤に発光する。光の他に炎も苦手とされるが、胸から放出する黄色い消火液で鎮火できる[1][3]。また、太陽の紫外線を浴びると体細胞が壊れる性質を持つが、再生能力は非常に高く、欠損した部位も時間が経過すれば再生される[1]。血液は汚れたような色合いのピンク。

名称は、英一少年の「ギャオーと鳴くからギャオスだ」との発言からである[4]

このような生物は有史以来出現したことがなく、作中ではどの生物とも異なる分類「怪獣類」が提唱される。主に空を活動域にしており、地上では比較的緩慢である。一方、ガメラは水中や地上では自由に動けるものの、空ではギャオスの機動力に及ばない、という風に両者の活動の差がその戦いに影響を与える。英一少年を襲おうとした際にガメラと対決し、後半で都市部へ進出して名古屋城や新幹線などを襲う。

フォッサマグナ付近の地下空洞で眠っていたらしく、富士山の突然の爆発によって復活すると、そこへ飛来したヘリコプターを地下空洞から発射した超音波メスで切断し、その搭乗員を捕食する。やがて夜間に空洞から外へ飛来し、人間や家畜を襲う。初対戦では、英一少年を救うために現れたガメラに強力な超音波メスを放って近寄らせなかったが、手脚を収納したガメラに体当たりされて怯み、英一少年を救出される。

名古屋でのガメラとの再戦では、激しい空中戦の際に黄色い煙を吹きかけることでガメラの飛行能力を奪って伊勢湾に落とすが、海中から逆襲するガメラに脚を噛まれて動きを封じられ、夜明けが迫ったために脚を引きちぎって逃走する。こうして得られたギャオスの肉片を解析した自衛隊により、人工血液でおびき寄せたギャオスをラウンジの回転盤に乗せて動きを止め、夜明けを待つ作戦が実行される。その結果、ギャオスはおびき寄せられるが、機械が限界を迎えて故障して回転盤が止まったために作戦は失敗し、再び逃走する。

しかし、英一少年の「ガメラは火が好きだからうちの山で山火事を起こせばいい」との発言を受け、自衛隊による山火事作戦が決行される。そして、ギャオスは山火事を鎮火しようと現れるが、そこでガメラとの再々戦となる。超音波メスと黄色い煙を噴出させてガメラの動きを制限し、手脚を収納したガメラを持ち上げて飛翔して高空から何度も落とすが、ガメラの投げた岩で口を塞がれて超音波メスを封じられる。さらに後ろを向けないという弱点をガメラに突かれた末、背後から首を噛まれて大量出血したのが致命傷となり、ガメラに抑え込まれたところに昇ってきた朝日を浴びて完全に動けなくなり、そのまま富士山火口内へ引きずり込まれ、絶命する。

宇宙怪獣ガメラ』では、別個体が宇宙海賊船ザノン号にコントロールされ、名古屋を襲撃する(登場シーンはすべて『ガメラ対ギャオス』の流用)。

造形物は翼を広げたタイプと翼を折りたたんだタイプの着ぐるみ2つに加え、操演モデルと実物大の足の指が作成された。そのうち、翼を広げたタイプの着ぐるみは後述の宇宙ギャオスに流用された。

  • 身長:65メートル[3]
  • 翼長:172メートル
  • 体重:25トン[3]
  • 飛行:マッハ3.5[1]
  • 好物:血液[1]
  • 出身地:日本列島、中部大断層地帯(フォッサマグナ[5]

なお、柳田理科雄の考察本『空想科学読本』においては、「この身長にこの体重では密度は二酸化炭素並みになる」と計算されている[要ページ番号]

バイクの高価買取を希望なら こちら


A series of volcanoes erupt in Japan. The eruption at Mt. Futago (in Shizuoka Prefecture) attracts Gamera, whose arrival is witnessed by a young boy named Eiichi. Gamera then climbs up and into the volcano. A research team is dispatched to the volcano to find Gamera and study the effects of the eruption. Meanwhile, Chuo Expressway Corporation is building a roadway nearby, but local villagers refuse to leave.

The research team's helicopter is destroyed by a sonic beam emitted from a cave in the mountains. Reporters are informed that no bodies were found, the culprit is not Gamera or the volcanic eruption and an announcement will be made soon. One of the reporters, Okabe, leaves for the site, and he and the roadcrew foreman, Shiro Tsutsumi, arrive at a protest area simultaneously. Okabe sneaks through the barrier, and Tsutsumi and his crew are turned away, as are the villager protesters, by the arrival of a young woman.

The villagers return to inform the village headman of the happenings. The protests are a ploy to get more money for the land. The young woman is revealed to be Eiichi's older sister. The crew returns to find the work camp destroyed and a strange green glow coming from the mountain nearby. The work crew goes to investigate. Eiichi finds Okabe in the woods near Mt. Futago recording the same light the workmen saw. Okabe convinces Eiichi that it might be Gamera and the two make their way to a cave. A cave-in starts and Okabe runs away, leaving Eiichi in the cave. Upon exiting the cave, Okabe is eaten by a giant monster, which is later identified as Gyaos.

The workmen enter the cave from a different opening and Eiichi makes his own way out of the cave, where he discovers Gyaos and is trapped by a falling rock. Gyaos grabs Eiichi and Gamera appears. Shiro and his crew arrive just in time to see a battle between Gamera and Gyaos, during the course of which Gyaos drops Eiichi, who is rescued by Gamera. Gyaos injures Gamera with its supersonic beam, but is forced to retreat after several blasts from Gamera's fire breath. Gamera rescues Eiichi and brings him safely to a nearby amusement park. Shiro uses the Ferris wheel to retrieve Eiichi from Gamera's back and Gamera flies away.

Eiichi is interviewed about his experiences by Dr. Aoki and the Countermeasures Group, who have set up headquarters in the Hotel Hi-Land. It is Eiichi who calls the new monster "Gyaos" because of the sound it makes. Dr. Aoki explains Gyaos' abilities and that it was awakened by the volcanic eruptions. A squadron of aircraft attack Mt. Futago and Gyaos destroys them. Eiichi calls to Gamera, who is tending his wounds at the bottom of the sea. Gyaos attacks at night and all of the cattle in the village run away. During a meeting the next day, the villagers become divided on whether to sell their land or not because of Gyaos. Tsutsumi's entire crew, save two, also quits because of Gyaos. A rustling in the bushes scares the remaining men, who think it is Gyaos. Instead, Eiichi emerges and tells Tsutsumi that Gyaos only comes out at night. Tsutsumi reports this to Dr. Aoki and the defenders use light to make it too bright at night, without success. Gyaos annihilates the Japanese Self-Defense Force with a blast of wind and flies south to Nagoya.

Gyaos wreaks havoc in the city and the people gather at the Chunichi Dragons stadium, where the lights have all been turned on. Gamera shows up and they battle in the skies over Nagoya. Gamera gains the upper hand because Gyaos' beams cannot penetrate Gamera's shell. Gyaos then extinguishes Gamera's flame breath with a yellow vapor. When Gamera hits the water, he bites Gyaos' foot and tries to hold him there until sunrise. Gyaos then severs his own toe and flies away. The toe is found washed up on the beach by some workers and is eventually brought to Dr. Aoki, where it is remarked that it has shrunk considerably since its discovery.

Further experiments reveal that ultraviolet light causes the severed toe to shrink. Therefore, if Gyaos is out in the sun too long, it will die. Meanwhile, Gyaos has retreated to its cave and regrown its toe. Eiichi, along with his sister, bursts into the planning meeting and inadvertently gives Dr. Aoki the idea he needs: they will lure Gyaos out at night and immobilize him by making him dizzy using the rotating platform on top of the hotel.

The Defense Force constructs another platform on top of the existing one with a giant bowl of artificial blood on it. With the help of Tsutsumi and his crew, they also build a viewing shelter. A delegation of villagers then appear and tell Tsutsumi they will no longer oppose the expressway. The headman appears and there seems to be some disagreement between the two sides. Gyaos is lured out, but the plan ultimately fails when the substation powering the motors explodes. Gyaos then destroys the hotel, extinguishes the substation fire with his vapor and flies away.

Because of Gyaos the expressway is being rerouted, and the villagers, who were told by the headman to hold out, can now no longer sell their land. The villagers blame him and Eiichi comes out of the house, throws a tantrum, and berates the villagers for their greed. His sister also tells the villagers that the headman was acting in their best interests and the villagers leave. Back inside the house, Eiichi tells his sister that Gamera would finish Gyaos and that starting a forest fire on Mt. Futago will get Gamera to come. The headman goes to Tsutsumi and explains the plan. Tsutsumi tells the headman there will be a lot of money lost because of the destroyed trees, but the headman believes that Gyaos was sent as punishment for their greed.

Tsutsumi and his crew use their construction equipment to prepare the area for the fire and an airstrike starts it. Gyaos appears and puts out the fire. The second time the fire is started, it attracts Gamera. A fierce battle ensues, which ends when Gamera immobilizes Gyaos and flies him to Mt. Fuji, where he then drags Gyaos into the crater to die and flies away.

 

 

 

 

スポンサーリンク

0

アドセンス


アドセンス


ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 糸島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ネットブログ YouTubeへ
にほんブログ村

にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村

 

 

 

-Today's Levitation 浮遊

Copyright© YouTuberになろう! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.