糸島

雷山千如寺大悲王院  Main Hall Sennyo-ji's big maple trees Sennyo-ji is a Shingon temple in Itoshima

投稿日:

Pocket

スポンサーリンク

雷山千如寺大悲王院  Main Hall Sennyo-ji's big maple trees Sennyo-ji is a Shingon temple in Itoshima

 

dav

 

sdr

 

cof

cof

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

千如寺(せんにょじ)は、福岡県糸島市にある真言宗大覚寺派の寺院。山号は雷山。本尊は千手観音で、千如寺大悲王院(せんにょじだいひおういん)、雷山観音(らいざんかんのん)とも称される。宗教法人としての名称は大悲王院[1]

 

寺伝(雷山縁起)によれば、成務天皇48年(178年)、天竺(インド)霊鷲山の僧「清賀」が渡来し、開創したとする。(あくまで寺伝であるが仏教公伝より300年以上前という事になる) その後聖武天皇によって勅願道場となり、国司によって七堂伽藍が建立され、以来歴代天皇より綸旨を賜った。

北に玄界灘を臨む位置にあるため、鎌倉時代には元寇に対する最前線の祈祷寺院として幕府より期待が寄せられていた。最盛期には300の僧坊があったと伝えられている。千如寺はこの僧坊の総称であり、また中宮(現雷神社)横にあった仲之坊を指し、十一面千手千眼観世音菩薩(千手観音)も一山の本尊として同地にあった講堂に安置されていた。

その後室町から戦国の長い戦乱の中で僧坊は荒廃し、仲之坊を残すのみとなったが、宝暦3年(1753年)に福岡藩主の黒田継高によって大悲王院が創建された。県の天然記念物に指定されている大カエデも創建の記念に継高が植樹したと伝えられている。

また雷山は水火雷電神、すなわち雷神を祀る中宮のほか、上宮、下宮がありその三宮を司っていたのが千如寺であり、江戸時代までは神仏習合の山であった。しかし明治維新神仏分離令により中宮にあった仲之坊は廃寺となり、本尊をはじめすべての仏像、古文書などは大悲王院に移された。

境内には、福岡県指定天然記念物である樹齢約400年といわれる大カエデがあるなど、紅葉の名所として有名である[2]

 

 

Sennyo-ji (千如寺) is a Shingon temple in ItoshimaFukuoka Prefecture, Japan. Its honorary sangō prefix is Sennyo-ji Daihiō-in (千如寺大悲王院). It is also referred to as Raizan Kannon (雷山観音).

According to the legend, Sennyo-ji was founded in the Nara period by Seiga, who came from India as a priest during the period.[1]

Due to its position in the north overlooking the Sea of Genkai, it has been expected from the shogunate as a prayer temple of the foremost line against the Mongol invasions of Japan during the Kamakura period. In its heyday has been said to be lined up to 300 priest living quarters around the temple. Sennyo-ji is a general term of this temple, and it is also referred to as the priest's lodge that was located next to the middle sanctuary, the present day site of Ikazuchi-jinja. The wooden Avalokiteśvara statue is the subject of mountainous faith that has been enshrined in the main hall.

Afterwards the priest living quarters were ruined during the long war between Muromachi and Sengoku periods, there only remains the priest's lodge. In 1573, however, the main hall was founded by Kuroda Tsugutaka, the 6th feudal lord of Kuroda clan. Big maple trees, which has been designated as a natural monument of Fukuoka prefecture, has been said to be planted by him.

Mount Rai has two sanctuaries, one at the middle of the mountain and one at its peak. The middle sanctuary was founded in honor of Emperor Suinin whom he is conventionally considered to have reigned from 29 BC to AD 70. Both sanctuaries have been governed by the temple until the Edo period. However, the priest's lodge in the middle sanctuary was abolished by the separation of Shinto from Buddhism, introduced after the Meiji Restoration. Cultural properties, such as Buddha statues including the main Buddha and the ancient documents, were moved to the main hall.

The temple is also known for being a great place for cherry blossom viewing in the spring, and many people visit in the autumn to see the fall foliage.[2

 

 

 

スポンサーリンク

0

アドセンス


アドセンス


ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 糸島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ネットブログ YouTubeへ
にほんブログ村

にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村

 

 

 

-糸島

Copyright© おすすめの移住先 糸島 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.