福岡 糸島 食レポ

Ramen • Japan 日本料理 一蘭 世界最高の10辛ラーメン!  福岡のYouTuber 宇佐美ダイ

更新日:

Pocket

スポンサーリンク

[embedyt]

[/embedyt]

Ramen • Japan 日本料理 一蘭 世界最高の10辛ラーメン!  福岡のYouTuber 宇佐美ダイ


 

 

 

 

 

一蘭の森のホームページ



一蘭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

天然とんこつラーメン専門店 一蘭(いちらん)は、福岡県福岡市に本社を置くラーメンチェーン店である。

  • 1960年(昭和35年)に福岡県福岡市百道で屋台双葉ラーメンとして創業、ラーメンの真ん中に唐辛子ベースの赤いたれを浮かせて提供した元祖とされる。1966年(昭和41年)に小郡市へ移転し屋号を一蘭と改名して営業を続けた。初代店主夫妻が高齢となり廃業を予定するも常連の懇願により営業を継続し、常連を会員とする全国でも稀な会員制ラーメン店となる[1]

1993年(平成5年)9月現在の「一蘭」第1号店である那の川店が開店し[2]、福岡県内で店舗展開を行う。FM ラジオ番組 ベンチャー チャンネル 一蘭 代表取締役 吉富学 で、「全てのお客様に、とにかく何も気にすることなく無心でラーメンを味わっていただきたい。」と語り、カウンター席、暖簾、仕切り、客の好みに応えるための「オーダーシステム」、替玉注文時にチャルメラが鳴る「替玉システム」、 を「味集中システム」として特許を取得している。近年はブルーオーシャン戦略の手本企業、外食産業の成功例、などで紹介され、「創意工夫に満ちた優れたサービスを提供する企業」として表彰された。

  • 2001年(平成13年)に、関東地区初となる「六本木大江戸線駅上店」、大阪府愛知県熊本県、にそれぞれ出店し、2014年現在約50店舗[3]である。
  • 2012年(平成24年)に、福岡県福岡市博多区中洲に本社ビルが完成する。3階から12階までのベランダ部分に赤い提灯を左右4個ずつ計80個吊り下げ、遠隔スイッチでルーレットになっている。客がルーレットを当てるとみやげがもらえる[3]
  • 2014年(平成26年)4月9日に、大分県大分市に大分弁天店を開店する。味集中カウンターと「一蘭屋台」を併設し、テーブル席でギョーザを提供したが現在はギョーザを廃止している。
  • 2018年3月6日、大阪府警が同チェーン店を運営する法人の社員らを入管難民法違反(不法就労助長)及び雇用対策法違反容疑で書類送検[4]

スープとんこつである。食券を求めたのちに味・麺の堅さなどを日本語、英語、中国語、韓国語の専用紙で指定する。会員制時代は店主がすべての客の好みを覚えていた[注釈 1]が、不特定多数の客に対応するために導入された。現在は以下の7項目で取捨選択できる[注釈 2]

  • 味の濃さ(うす味・基本・こい味)
  • こってり度(の量:なし・あっさり・基本・こってり・超こってり)
  • にんにくの量(なし・少々・基本・1/2片分・1片分[注釈 3]
  • ねぎの種類(なし・白ねぎ・青ねぎ・ミックス[注釈 4]
  • チャーシューの「あり」か「なし」[注釈 5]
  • 秘伝のたれの量(なし・1/2倍・基本・2倍・記入式[注釈 6]
  • の堅さ(超かた・かため・基本・やわめ・超やわ)

食券購入による前金制だが箸袋に品名と料金が印刷されており、自席前方にあるボタンを押して店員を呼び、料金と一緒に提示する。福岡のキャナルシティ博多店及び天神西通り店では「重箱どんぶり」が採用されており、キャナルシティ博多店では究極の酸味の「あり」か「なし」が選択できる。

 

Ichiran Ramen (一蘭 Ichiran) is a Japanese ramen food-service business specializing in tonkotsu ramen.[1] The chain restaurant began in Fukuoka[2] as a humble ramen stall in 1960 named "Futaba Ramen" (屋台双葉ラーメン). It was later re-named "Ichiran"(一蘭 "one orchid")in 1966. After three decades of serving ramen from a single location, under the leadership of CEO Manabu Yoshitomi it opened its first concept store in 1993, which became the blueprint for all future Ichiran ramen shop locations.

 

In November 2016, Ichiran USA opened a noodle factory and restaurant in the Bushwick neighborhood of Brooklyn in New York City.[1][3] It imports its key components, broth and spicy red sauce, from Japan as of 2016.[4] After trying to open in New York for 10 years, it abandoned an earlier plan of opening a restaurant in Manhattan due to regulations and logistics challenges.[4]

By 2017 Ichiran had expanded across Japan to more than 65 locations. Outside of Japan, Ichiran has restaurants in Hong KongTaipei, and BrooklynNew York. The pricing of the New York restaurant has been subject to criticism (tonkotsu ramen costs $18.90 there); Ichiran’s director of operations Hana Isoda argues that the prices are not far from New York City’s other top ramen restaurants.[5] The Brooklyn location has both tables and booths.[6] A Midtown, Manhattan location based on its solo dining concept will open on West 31st Street, between Sixth and Seventh avenues. Ichiran plans to open at least three new U.S. locations by 2020.[7]

 

 

 

 

スポンサーリンク

0

アドセンス


アドセンス


ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 糸島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ネットブログ YouTubeへ
にほんブログ村

にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村

 

 

 

-福岡, 糸島, 食レポ
-, ,

Copyright© おすすめの移住先 糸島 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.